脇汗パッド 種類

脇汗パッドの種類と特徴は?

 

脇汗で脇の部分がべちゃべちゃになるのは、
とてもつらいです。

 

人から見ても汗染みがわかってしまうので、他の人が不快になってしまわないか心配になりますよね。

 

脇汗を対策するのは、脇汗パッドを上手に活用するのがおすすめです。

 

ただ、脇汗パッドとひとことに言っても

いくつか種類があります

 

それぞれの脇汗パッドの特徴、メリット、デメリット
書いていくので、選ぶ際の参考にしてみてください。

 

脇汗パッドの種類と特徴は?

 

 

汗脇パッドは、大きく分けて、
衣服に貼るタイプ」、「何度も洗って使うタイプ
直貼りタイプ」の三つがあります。

 

 

衣服に貼るタイプ

 

最も手軽に使えるタイプで汗の吸収性も高く、
パッドの厚さや素材も豊富にあります。

 

メリット

  • 服にシミをつくりにくい
  • 価格が安い
  • 制汗剤と併用できる

 

×デメリット

  • ちゃんと服に貼らないとはがれることがある
  • パッド装着が周囲に気づかれる可能性がある
  • 服を傷めてしまう可能性がある

 

 

 

何度も洗って使うタイプ

 

…汗の吸収性が高く肌触りがいいです。
エコ意識の高い人や節約志向の人に人気ですね。
ストラップや固定ベルトを使って脇につけます。

 

メリット

  • 何度も洗って使うことができる

 

×デメリット

  • 留め具などが邪魔に感じることが多い
  • ストラップや固定ベルトでの装着が面倒くさい

 

 

 

直貼りタイプ

 

…肌に貼り付けて使うので、服を傷めなくて済みます。

 

メリット

  • 目立ちにくいので、着けてることがばれにくい
  • 服を傷めない

 

×デメリット

  • 吸水性が低い
  • 慣れないと肌に違和感を感じる
  • 肌に痛みやかぶれが生じる場合がある

 

 

 

いかがでしたでしょうか?このように、

脇汗パッドにはそれぞれに特徴があるので、

 

状況や場面に応じて、

脇汗パッドを使い分けることが大切ですよ^^